津波の傷跡三陸防災庁舎の動画

津波の傷跡三陸防災庁舎の動画

津波の傷跡三陸防災庁舎の動画

津波の被害は悲惨な傷痕を残しました。東日本大震災の津波被害の象徴とされる三陸合同庁舎を残すか残さないかが議論されています。これからの子孫に津波被害をしっかり伝えるために残した方が良いと言う意見や被害を走馬灯のように思い出すから撤去して欲しいなどの意見があります。どちらの意見も理解できるため、胸が苦しくなります。私も東日本大震災の被災者の一人です。当時宮城県に住んでいました。停電、断水などのライフラインストップをはだで感じました。幼い子供のオムツやミルクも支援物資に助けられたものです。私は三陸の合同庁舎跡をニュースで見るたびに切ない気持ちでいっぱいになります。また、合同庁舎を残す事で津波被害に遭われた方を忘れないで欲しいという気持ちです。


ホーム RSS購読 サイトマップ